') ?> 乾燥するとなぜ肌が荒れるの?

Top >  今さら聞けない乾燥肌 >  乾燥するとなぜ肌が荒れるの?

乾燥するとなぜ肌が荒れるの?

肌が乾燥すると、ただでさえ傷つきやすい角質がめくれあがり、さらに細胞の間を埋めているはずの脂質が不足して、表皮は荒れた状態になります。そこを狙って、チャンスとばかりに刺激物質が侵入!すると体調やストレスなど内側からの刺激も受けやすくなり、さまざまな肌トラブルが起きてしまいます。

そもそも乾燥とは水分がなくなっていく状態のこと。赤ちゃんの肌の成分は、およそ30%が水分ですが、年齢を重ねるにつれて水分はだんだん失われていきます。 老化とは、すなわち、乾燥していくことでもあるのです。現代人の肌年齢は実年齢+10歳ともいわれています。

皮脂膜(ひしまく)は、皮膚の表面で汗腺から分泌される汗と皮脂腺から分泌される皮脂が程良く混ざったものであり、角質層にたまった水分の蒸発を防ぎ、皮膚の潤いを保っています。
乾燥肌の人はこの皮脂膜の形成が不十分なため、お肌のバリア機能が低下してしまいます。そうなると、外界からの刺激を受けやすくなるだけでなく、体内から水分まで蒸発してしまいお肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

その原因は、生まれつきの体質という場合もありますが、実はストレスや食事の偏り、不摂生などによって、皮脂の分泌が低下したり、汗腺からの汗の分泌調整がうまくできずに正常な皮脂膜の形成ができなくなっているケースが多いのです。

今さら聞けない乾燥肌

関連エントリー

乾燥肌の原因 乾燥肌はなぜかゆい? 乾燥するとなぜ肌が荒れるの?

最新ニュース