') ?> 家でもできるケミカルピーリング

Top >  バッチリ!乾燥肌対策 >  家でもできるケミカルピーリング

家でもできるケミカルピーリング

ケミカルピーリングって聞いたことがあるでしょう?クリニックなどで、ニキビやしみ、しわ、たるみなどに対して行われている治療方法の1つで、グリコール酸という弱い酸を皮膚に塗り、余分な角質層などを溶かすことで新陳代謝(肌の生まれ変わり)を進め、肌のトラブルをなくすというものです。
はじめはニキビの画期的な治療方法として皮膚科・形成外科で広まったのですが、最近では乾燥肌にも効果があることがわかってきました。弱めの強さで頻繁に行うのがポイントですが、実はこれとほぼ同じことが、昔からの生活の知恵で一般家庭でよく行われているのです。

例えば、「りんごをむいた時、皮の内側を肌にこすりつける」 「お風呂にゆずの皮や、みかんの皮を入れる」 こういった方法で、肌がつるつる、しっとりになりますね。

実はグリコール酸はもともとフルーツ酸の1種で、治療には人工的に精製されたものを使用しているのです。クリニックで行うケミカルピーリングは、比較的強い濃度の酸を使用するので、これを自宅で行うのは無理ですが、りんごの皮やみかんの皮なら、きょうからでも始められますね。

身近なところから乾燥肌対策を心がけてみてください。

バッチリ!乾燥肌対策

関連エントリー

化粧品の選び方 日本酒でしっとりうるおい肌 冷え性と乾燥肌の関係 家でもできるケミカルピーリング 食べ物に注意 乾燥肌チェック

最新ニュース