') ?> 日本酒でしっとりうるおい肌

Top >  バッチリ!乾燥肌対策 >  日本酒でしっとりうるおい肌

日本酒でしっとりうるおい肌

日本酒作りの職人さんの肌がしっとりうるおって、とてもきれいなのはご存じですか?日本酒をつくる過程でできる成分が、肌によいといわれ、注目されています。以前は美白剤としても有名だったコウジ酸もここから発見されました。

日本酒の醸造では、コウジ菌が「糖化」=米のでんぷんを糖分に変えるを行い、酵母菌が「アルコール発酵」を行うという2つの反応が複雑に相互作用をしてお酒の原料であるもろみが作られます。
この過程でたんぱく質やアミノ酸、こうじ酸ができてきます。
たんぱく質やアミノ酸は保湿作用、こうじ酸は美白効果を持ち、乳酸のピーリング効果によって肌がしっとり白く、つるつるになるのです。

NMF=天然保湿因子とは?
皮膚の一番外側の角質層の中にあり、水になじみやすく水分を保持する物質のことです。
NMFの主な成分は水分をかかえこむ力のある[アミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸]が知られています。このためNMFには角質間の水分を保持する働きがあり、肌をみずみずしく保つ重要な役割を果たしています。

自宅でできる日本酒利用法

・日本酒風呂
200Lの浴槽で4合720ml程度入れるのが良いそうです。

・保湿スプレー
スプレー式容器に、日本酒(肌が荒れている時や敏感肌の場合は水で薄める)を入れておき、家事の合間、気がついたら手にスプレーすると、肌荒れ防止になります。料理の合い間でも、ハンドクリームだと洗い流さなくてはなりませんが、これなら口に入っても大丈夫なので、安心です。

バッチリ!乾燥肌対策

関連エントリー

化粧品の選び方 日本酒でしっとりうるおい肌 冷え性と乾燥肌の関係 家でもできるケミカルピーリング 食べ物に注意 乾燥肌チェック

最新ニュース