') ?> 入浴、ここに気をつけて

Top >  乾燥肌の予防と注意 >  入浴、ここに気をつけて

入浴、ここに気をつけて

【熱いお湯は避ける】

洗顔もそうですが、熱いお湯は肌を乾燥させます。食事や調理のときに手に付いた油汚れは、水で洗うよりお湯で洗うほうが断然油落ちがいいですね。それと同じこと。汚れが落ちるだけならよいのですが、熱いお湯は肌に必要な油分まで奪ってしまいます。ぬるま湯でゆっくり(20分以上)浸かるようにすると、体がしんから温まり、血行がよくなります。

【入浴剤を入れましょう】

尿素配合など入浴剤には保湿成分が配合されているので、さら湯より肌がしっとりします。せっかくですから、温泉と同じく、最後にシャワーで流さずに上がりましょう。

【ナイロンタオル、かみそりでのムダ毛処理はNG!】

ナイロンタオルは摩擦の力が強く、それを好んで使う人も多いのですが、摩擦が強いということは、肌を傷めやすいということ。石鹸をよく泡立て、その泡でマッサージするように、手で洗います。肌に1番やさしいのは同じ皮膚を持つ手なのです。

また、かみそりでのムダ毛処理(特に足や腕)は、角質層を無理にはがし、乾燥肌になりやすいのでやめましょう。どうしてもというときは、入浴後保湿剤を塗った状態で剃り、終わったらまた保湿剤を塗ります。

女性に多い、冬場の足や腕の乾燥によるかゆみはこの2つが最も多い原因です。


【すぐに水分をふき取り、保湿剤を】

洗顔の後もそうですが、遅くても2~3分以内に、化粧水や乳液など保湿剤を塗りましょう。水分が自然に乾燥するのに任せると、余計肌が乾燥します。ただし、急ぐからといってタオルでゴシゴシこすって拭くのはいけません。そっと押し当てるようなつもりで水分を吸い取らせます。

乾燥肌の予防と注意

関連エントリー

口もとの乾燥に要注意 入浴、ここに気をつけて 洗顔、ここに注意 乾燥肌の予防方法

最新ニュース