') ?> 昔ながらの洗顔料3

Top >  クレンジング・洗顔 >  昔ながらの洗顔料3

昔ながらの洗顔料3

うぐいすのふんは、シミを抜いても全く生地を傷めないため、古くは平安時代から和服のシミ抜きに使われていたそうです。うぐいすのふんにはタンパク質分解酵素が入っており、これを使って洗顔すると肌の角質が取れ、美白効果もあるとうたわれています。江戸時代には役者や芸者さんのおしろい焼けを直すため使われるようになりました。

クレンジング・洗顔

関連エントリー

昔ながらの洗顔料3 昔ながらの洗顔料2 昔ながらの洗顔料1 洗顔料の選び方 リップメイクのクレンジング アイメイクのクレンジング ポイントメイクのクレンジング オイルとミルク 拭き取るタイプの手順 拭き取るタイプ(ミルク) 洗い流すタイプの手順 洗い流すタイプ(オイル、ジェル) 洗顔の手順 洗顔のポイント

最新ニュース